記事作成

ライバルリサーチの方法とやり方まとめ!上位表示できる可能性を上げろ!

 
安達
【ファンが集まる経営を!】ヴィテスグループ/WEB ALIVE代表安達の無料で参加できるオンラインサロンWEB ALIVE! 地域口コミ数NO1の仕組みと自動集客で新規数3倍!売り上げ200%越えの教科書を参加直後に自動プレゼント中! コチラからサロンをのぞき見!

こんにちはジャック安達です。

 

今回のテーマはライバルリサーチの必要性について

です。

 

ライバルリサーチとは

自分が記事を書く前に、その記事を他の方が書いているのかリサーチし、その内容はどんなものなのかを一度じっくりと見る行動のことを指します。

 

ライバルリサーチは必ず行うことにしましょう。

 

ライバルリサーチをしないまま記事を書くことによって、

自分の記事が他の記事よりもクオリティーの低いまま世に投稿していることも多いにあります。

 

他の方が濃い内容書いていて自分が薄い内容書いてしまっている場合、それはGoogleで上位表示が不可能になりますのでアクセスを集めることができません。

 

 

アクセスを集めることができないと、収益化をすることができませんので結局稼げない記事を量産してしまっているということになります。

 

良い方は悪いですが、ゴミを排出しているのと同じです。

 

もちろんキーワード選定やタイトルの付け方によって上位表示させる事は可能になりますが、内容濃いものを書き

タイトルで上位表示を狙うことが長期的に稼いでいくための秘訣になります。

 

 

ライバルリサーチをすることによって、タイトルの付け方も変わってきます。

 

まず自分が上位表示させたいキーワードでライバルをリサーチすることによって、そのキーワードに追加キーワードをつけて、タイトルをつけることによって

 

さらに細かいペルソナにアプローチすることができます。

 

これを怠っていると

通りいっぺんの皆が書いている記事を投稿し結局埋もれてしまうことになりますので、どんなキーワードであっても、一度ライバルリサーチをしていく必要性は必ずあるといえます。

 

 

ライバルリサーチをすることによって、記事の内容も大きく変わってきます。

自分が書きたい記事タイトルで検索し、検索結果ページに1番上から3つ記事があるとします。

 

その記事を一度全て読んでしまいます。

読んでいくうちに、

 

1番目の記事には3つの特徴的な情報

 

2番目の記事にはそれ以外の2つの特徴的な情報

 

3番目の記事にはそれ以外に1つの情報がある

 

などと把握することができます。

これがライバルリサーチです

 

自分が記事を書く際にこの3つの記事すべての内容を網羅しさらに抜けている箇所を修正し追加した記事を書くことによって

上位3つの記事を出し抜くことができるというわけです。

 

 

その分情報量が多くなるのですが、上位表示するとされないのとではアクセスに大きな差が出ますし、収益にも大きな差が出ます。

 

ですのでライバルリサーチをして相手の記事ライバルの記事はどういった内容で書いてるのか、それを実際に読んでみて

 

自分が疑問に思った点などをピックアップし記事に追加していくことによって、内容の濃い記事が出来上がると言うことです。

 

 

ライバルがほとんどいない記事の場合

 

まだライバルがその記事を書いていないと言うことがわかりますので、

そのキーワードを網羅して自分のサイト内を埋め尽くすことによって、

ユーザがそのキーワードを調べたときに、自分のサイトが必ずある状況を作ることができます。

 

 

その状況を作ることができれば、そのキーワードからのユーザは全て自分のサイトに来てくれますので、アクセスの爆発や収益の爆発を望むこともできます。

 

自分はどう?見返してみよう

 

今現在記事をライティングしていてアクセスが来ない

収益ができないと言う方はライバルリサーチはしていますか?

 

ライバルリサーチをせずに記事を書き続けていても、正しい道とは言えません。

 

その状況で記事を書き続けていると、ただ無駄な記事を量産しているだけで、自分の労力に対してお金が全く入ってきていない状況になります。

 

ライバルリサーチを面倒だと思うかもしれませんが、敵の状況を知らずに自分だけ進めていると何も良い事はありませんので、

必ずライバルリサーチを行って収益を目指していくことにしましょうね

 

 

ライバルリサーチを行っている場合に上位表示ができていない場合の対処方法

 

 

ライバルリサーチを行っているのに記事の上位表示やアクセスできていないと言う場合は

 

ライバルをリサーチしているときのキーワードの選定が間違っている場合が多いです。

 

自分が書いているそのタイトルのキーワードでどれだけ検索ボリュームがあるのか?

ライバルリサーチをしていて検索数や記事数が少ないキーワードを見つけたとしても、

 

 

そのキーワードが月間いくらの検索ボリュームを持っているのか?

ということを知ることが大切です。

 

 

あまりにもマニアックすぎる検索キーワードで

・ユーザがそのキーワードで検索しているのかどうか

・ユーザが検索窓に入れているであろう単語をタイトルに付けているのか

という点を

見直す必要があると思います。

 

 

マニアックなキーワードでタイトルを構成するともちろんライバルは少なくなりますが

ユーザからして、「そのキーワードで検索はしないだろう」

 

と言うキーワードでしたら、結局誰にも見てもらえない記事になってしまいますので、ユーザの目線に立って

ライバルリサーチとキーワードのリサーチをしていくことが大切です。

 

 

今ある既存の記事のタイトルを変えるだけでも十分に効果がありますのでライバルをリサーチしてタイトルや記事の見出しなど変えていくようにしていきましょう♪

【WEB ALIVE】ファンが集まる経営と自動集客・仕組化のためのオンラインサロン

※icloud、outlook、hotmailでは参加できないので、Gメール等、別のアドレスをお使い下さい。
※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※限定プレゼントは4万円相当,100万円以上の経費削減や自動集客の仕組のメソッドです
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
※オンラインサロンWEB ALIVEは、いつでも配信メール内のURLから解除出来ます。

width=
質問やお問い合わせ、依頼などは公式ラインへメッセージをお願いします。