バラエティ

地方の美容室で儲かるメニューは必要か?経営者が思うあるあるを紹介

 
安達
【ファンが集まる経営を!】ヴィテスグループ/WEB ALIVE代表安達の無料で参加できるオンラインサロンWEB ALIVE! 地域口コミ数NO1の仕組みと自動集客で新規数3倍!売り上げ200%越えの教科書を参加直後に自動プレゼント中! コチラからサロンをのぞき見!

どうもこんにちはー!

安達です^^

今回のテーマは美容室で儲かるメニューっていうの考えすぎると危険!というちょっとしたあるあるについてお話ししていきます!

儲かるメニューって言うと、ディーラーさんとかメーカーさんとかそういった所が

これ売ったら儲かりますよ~とか、このメニュー凄いブームで~みたいな感じで

結構持ってくるじゃないですか。

でもその儲かるメニューに振り回されてしまうのかどうかって、結構大事なポイントだと思うんですよね。

僕自身が田舎の土地で、地方でやってて思うのは、

「儲かるメニューがどうの~・・」って結構みんな言ってくるんですけど

メニューや商品自体を「儲かるメニュー」とか「儲かる商品」とかって、あんま考えたことないんですよね。

儲かるメニュー、商品だからやるとか、そういうのではなくて

自分の見込みのお客様が求めているバックエンドっていう考え方にしていくと、

結果的に「儲かるメニュー」って見方がそもそも間違ってるんじゃないのかな?

という風になっていったわけですね。

どういうことかって言うと、儲かるメニューがどうのこうのって考えてしまうんじゃなくて、バックエンドをきちんと用意するっていう考え方になっていた方がええよ。

というところが僕の主張です^^

 

例えばディーラーさんとかメーカーさんとか、この商品入れはったらええやんとか、めっちゃ儲かるで、みたいな感じで言われたりもすると思うんですけど

その商品がその辺で普通に置いてるようになってたら儲からなくなるんですよ。

その時は最初だけは儲かってたかもしれないですけど、どこでもあるものに変わっていくし、コモディティ化していくイメージなんですよね。

結局どこでも手に入るし、他でもみんな同じもんだしてるって言う風になっていっちゃうので・・・

結局儲からなくなるんですよね。。

一個のメニューや商品が儲かるとか、そういう考え方でしていくんではなくて

来店するお客様に対してこれはすごくいいものだし、これを提供してあげたいっていう、バックエンドを複数の種類を用意しておくんですね。

それぞれの悩みに対してそれぞれのバックエンドっての用意してあげることによって

結果的にそれが良いものの提供に繋がるんじゃないかな~って。

僕自身はそう思ってます。

特に田舎でやってたりすると

「ターゲット超絞ろうぜ!」みたいな事を結構な言われたりするんですけど、

そもそも人口が少なすぎて、ターゲット絞りすぎたらだれも来んやないか・・・という状況が生まれる事間違いなしです。

間口は大きくしすぎずに、ある程度の層っていうのは自分の中で決めて、

そのそのターゲットが時代に合ってるかどうかっていうところをきちんと認識して、その自分のターゲットに対して何か提供できるバックエンドっていうの用意する。

っていう考え方の方が、長い間生きていけるんじゃないのかな~。

 

最初の見込み客の時点で、自分達が提供するものに対して興味がある方を集めるのが結構大切だと思ってます。

そして知名度をガンガン上げる。

自分が提供する物っていうものがある程度の値段をするとしても、

例えばフロントエンドがすごく安くても、バックエンドでしっかりと価値を提供しているものに切り替えれたとすれば

最初が安くても高くても関係ないんですね。

同じ属性の悩みの方を集めれていて、その人に対して価値を提供してあげれてるのかどうかっていうところがすごい大切な所かなって思うわけです。

 

なんだかんだ言って安達さんの所も儲かるメニュー入れてるんちゃいますか?みたいな話も結構言われるんですけど

もちろん単価の高いものっていうのは入れてます。

さっきもお話しした通り、周囲の1.5倍以上するようなものであったり倍近くするものだったり、

そういったものも入れてるんですけど、それって用意しとくべきなんですよね。

お客様がいいものを求めている時に、提供できるものがなかったら意味がないじゃないですか。

例えばすごくいい縮毛矯正探してるんですって言われても、うち普通の縮毛矯正でガンガン伸ばすのしかないんですよ~って言うと

もうその時点で機会損失になっちゃうので。。

そうならないように、良いものっていうのは先に用意しとくべきなんです。

 

今の時代の儲かるメニューはこれだから、とか

これやったらええねん!みたいなそういう考え方に振り回されるのは危険で、

そんなことをする前に自分の今持ってるお客様や大切にしてるお客様に対して良いバックエンド提供してあげるっていう考え方にしたほうが

よっぽどいいんだよっていう話をしました。

結構あるあるだと思うんですよね!

やっぱり最初の時点で自分たちのところに来てくれる同じ悩みを持った同じ属性の方が集まってきてくれる仕組みを作っとくってのが凄い大事だと思います。

その方がいなかったらバックエンドも販売できないですからね^^

せっかく良い物用意してても、販売できなかったら意味がないし、機会がなかったら意味がないので、一人でも二人でもいいから見込み客の集客の増やして

自動で集まってくるように仕組み作るのが肝心だなと思います。

じゃぁ具体的にどうするべきか?その方法は、僕の無料で参加できるオンラインサロンの

WEB ALIVEに参加してもらった時にプレゼントする、教科書の中ですべて解説してますので

興味があれば参加して受け取っといてください!

 

【WEB ALIVE】ファンが集まる経営と自動集客・仕組化のためのオンラインサロン

※icloud、outlook、hotmailでは参加できないので、Gメール等、別のアドレスをお使い下さい。
※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※限定プレゼントは4万円相当,100万円以上の経費削減や自動集客の仕組のメソッドです
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
※オンラインサロンWEB ALIVEは、いつでも配信メール内のURLから解除出来ます。

width=
質問やお問い合わせ、依頼などは公式ラインへメッセージをお願いします。