サイト構築

アドセンスブログで読み手の欲求を考えた記事作成方法

 
安達
【ファンが集まる経営を!】ヴィテスグループ/WEB ALIVE代表安達の無料で参加できるオンラインサロンWEB ALIVE! 地域口コミ数NO1の仕組みと自動集客で新規数3倍!売り上げ200%越えの教科書を参加直後に自動プレゼント中! コチラからサロンをのぞき見!

こんにちはジャック安達です。

今回のテーマは読み手の欲求を考えた記事の作成方法についてです

 

ジャック安達

読み手の欲求を一番に考えるための方法もご紹介します

 

 

コピーライティングのスキルでも同じですが読み手の欲求を読み解く力をつけていくことによって、

 

記事の内容が読み手にとって、さらにびっくりするような上質な内容に変化していくことになります。

「ここまで詳しく書いてあるのか!」と思わせたらある意味勝ちなんです。

 

 

自分の得意分野で勝負をしている場合記事はスラスラスをかけるかもしれませんが自分の苦手な分野で記事を作成する場合、

表面的な通り一遍の記事になってしまうので、読み手の要求に沿うことができにくくなります。

 

 

 

 

読み手の欲求をリサーチする方法

 

まず GoogleやYahooの検索窓に、自分が今から書いていくワードについて検索します。

 

その検索をしてからプラスアルファで出てくる複合キーワードを見ていき、「読み手はきっとこういう情報が欲しいんだろうな」とか

 

こういう部分を求めているんだろうな」「こんなワードで検索されているのか!」ということを考え立てながら、記事の複合キーワードのコンテンツを調査していきます。

 

 

複合キーワードのコンテンツを調査している上で、他の記事を実際に見てみます。読んでいるうちに「あ!この記事にはここが物足りないな」とか、「この情報があったらもっといいのにな」と思うような記事も出てくるでしょう。

 

そこがつまり読み手の欲求になります

 

 

リサーチしてくる上で気になった情報は、必ず読み手、読者も疑問に思う点です。

 

その疑問に思う点を一度リサーチし、その疑問に思う点の解説を付け加えた記事を作成することで、読む側の人間はスムーズに記事を読み終えることができます。

 

なので一度自分が読み手になって、そのキーワードを調べてみる。

 

 

調べてみた時に出てくる疑問をリサーチして、提供する。

 

この繰り返しで記事は上質なものに仕上がりますし、コンテンツの内容もより濃くなっていきます。

濃くなった記事の方が読み手は求めていますので、ペラペラのページよりも濃いコンテンツを作ることを意識していきましょう。

 

 

トレンド記事の場合の読み手の欲求を考える方法

さらにトレンド系の記事でも使えるのが

 

ちょうどアクセスの爆発が起こっているキーワード・もしくはアクセスが爆発しそうだなという未来のキーワードに対して、一度自分が検索窓にそのキーワードを打ち込んでみることです

 

 

打ち込んだキーワードに対して、一番上の方に出てくる複合キーワードをいくつかクリックしてみましょう。

 

その中で、実際に検索してみて記事数が少ないものがあればそれは大当たりです。

 

トレンドになっているキーワード、もしくは今後注目を浴びるワードに検索窓で追加されてる複合キーワードで記事数が少ないものがあれば、それはユーザーが気になっているのに記事が少なく競合性の非常に低い記事・キーワードになります。

 

 

なのでトレンドでも一度検索窓に打ち込み実際にユーザーだったらこういうものが気になるなとか、ファンだったらここが気になるんじゃないかという予想を立てながら記事のリサーチをしていくことがユーザーの要求に沿った記事の作成をしていけるコツになります。

 

ジャック安達

実際に自分が調べている、自分が今後書いていくであろう記事を自分でリサーチしていってみましょう♪

 

 

 

【WEB ALIVE】ファンが集まる経営と自動集客・仕組化のためのオンラインサロン

※icloud、outlook、hotmailでは参加できないので、Gメール等、別のアドレスをお使い下さい。
※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※限定プレゼントは4万円相当,100万円以上の経費削減や自動集客の仕組のメソッドです
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
※オンラインサロンWEB ALIVEは、いつでも配信メール内のURLから解除出来ます。

width=
質問やお問い合わせ、依頼などは公式ラインへメッセージをお願いします。