複合特化型アドセンスブログ

ブログを1記事1時間で書く方法とコツや早く書くやり方を紹介

 
安達
【ファンが集まる経営を!】ヴィテスグループ/WEB ALIVE代表安達の無料で参加できるオンラインサロンWEB ALIVE! 地域口コミ数NO1の仕組みと自動集客で新規数3倍!売り上げ200%越えの教科書を参加直後に自動プレゼント中! コチラからサロンをのぞき見!

こんにちはジャック安達です

今回のテーマは

1記事を1時間で作成する方法

についてお話ししていきます。

 

1記事(今回は1500文字~2000文字と仮定)を1時間で作成するには

 

まず自分が描く記事のキーワードの選定とタイトルに入れるキーワードの選定が必要になります。

 

キーワード1つでは、ちゃんとしたタイトルも書けませんし

記事の内容も定まりません。

 

メインキーワード+サブキーワードが必要になってきますよね

 

通常の記事を書く工程で言うと、

・記事のネタ集め

・ライバルリサーチ

・見出しの作成

・記事執筆

 

と言うような流れになるかと思います。

しかし1つのネタを探すのに、まず時間がかかってしまいます。

 

1つの記事を作成する時間が短ければ短いほど、記事の更新のスピードが早まりますし

その分収益化するスピードも早まっていくということです。

 

今回の私のオススメはGoogleのユーザが実際に検索しているキーワードを

 

羅列してくれるツールを使うことです

 

グッドキーワードというツールがあります。

 

これに自分の書こうと思っている記事の

・キーワード(メインキーワード)を入れることによって

 

検索されている

・サブタイトル(サブキーワード)

 

になる言葉がずらっと羅列されます。

 

その中で1番反響の大きそうなもの、ユーザーが興味がありそうな物をチョイスします。

 

メインタイトルが決まれば後はそれに対して記事を執筆していくだけです

 

実際の記事執筆の流れ

 

メインキーワードでまずライバルリサーチをし

 

上から3つの記事を一旦全て読み進めます。

すべて読み進めたら、その中で

 

「自分がこの情報が知りたいな」

 

と思うものを全てミックスさせた記事を執筆していきます。

 

見出しの数も参考にしたそれぞれのサイトよりも多く設定するようにしましょう。

 

1番上の記事を追い抜く記事を1時間で作成しないといけませんので

 

記事の執筆のスピードはとにかく早くを心がけましょう。

 

網羅型のアドセンスブログを意識しましょう

 

上から3つの記事の見出し全てを網羅するような記事を作成します

 

特化型ブログであればそのブログを追い越すような情報を発信し

 

 

ユーザがその情報気にいってくれたら上位表示も可能になってきます。

 

なので自分がどんなキーワードで描きたいのかが定まっていれば、

 

 

そのキーワードをキーワードツールに入力し、その中でトレンド性の高いキーワード複合させ

 

その後にライバルリサーチを兼ねてライバル記事を読むことによって、それぞれの足りない部分を把握することができます。

 

どんなキーワードでも通り一遍の説明等はどのサイトでも同じように説明されていると思います。

 

その部分はうまく引用したり、書き換えたりなどして使っていきましょう!

 

その後に大切なのが他のライバルたちが書いていない

・見出し

・キーワード

 

を使用するということがポイントです。ユーザも同じ情報ばかり見ていては飽きてきますので

 

極力ユーザが飽きないような作りにすることが大切ですね。

他のライバルたちが書いていない穴を探して

「自分だったらこんな情報が欲しいのにな」

 

と言うような内容を自分の記事に追加していくようにしていきましょう♪

【WEB ALIVE】ファンが集まる経営と自動集客・仕組化のためのオンラインサロン

※icloud、outlook、hotmailでは参加できないので、Gメール等、別のアドレスをお使い下さい。
※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※限定プレゼントは4万円相当,100万円以上の経費削減や自動集客の仕組のメソッドです
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
※オンラインサロンWEB ALIVEは、いつでも配信メール内のURLから解除出来ます。

width=
質問やお問い合わせ、依頼などは公式ラインへメッセージをお願いします。