経営

脱HPB!美容室が集客サイトを辞めたいときの対処法と対策を考察

 
安達
【ファンが集まる経営を!】ヴィテスグループ/WEB ALIVE代表安達の無料で参加できるオンラインサロンWEB ALIVE! 地域口コミ数NO1の仕組みと自動集客で新規数3倍!売り上げ200%越えの教科書を参加直後に自動プレゼント中! コチラからサロンをのぞき見!

どうもこんにちは!安達です^^

今回は美容室で

集客サイトとかホットペッパーってのをやめたい美容室は多い!

というテーマでお話ししていきます^^

美容室は集客サイトを辞めたい?

ホットペッパーって・・・言わずと知れた集客サイトですよね^^

美容師さんでも美容室経営してる方でも、ホットペッパー頼ってるって結構多いと思うんですよ。もちろんウチも活用させていただいています^^

でも、ゆくゆくは自社の集客とか広告で回して行きたいっていう方も結構いるのも、これも事実だと思うんですよね。

今回は、もし集客サイトを脱却して行きたいんだったら、集客の柱を複数持っとかないとだめだよね!っていう話と

後半ではどんな集客媒体を持っとくべきなのか?というところについて、

お話ししていきます。

ウチもそうなんですが、ホットペッパーとか集客サイト以外に、複数の集客の柱を持ってるんです。

収入とか集客とかって、複数の柱があって、はじめて安定すると思ってるんですね。

ホットペッパー以外でも、複数の収入の柱っていうのを持っとくべきだ!っていうところが一つポイントになります。

たとえば自社ネット広告。きちんと回し方とか使い方ってのを自分の中で管理できたり構築したりできてれば、

費用対効果が例えば300%とか600%、800%のように、広告費に対してさらに上の売上っていうの取っていくように、

仕組み化することも絶対にできるので

そこはしていた方がいいかなと思います。

 

なので僕の主張としては、もし「脱却するために動く」、そうするんだったら

それより前に複数と集客の柱っての作っとくべきなんですね。

コレ、理由が二つあって、まず集客が減ってしまうと例えば急なスタッフの増員だったりとか、そういったものに対応できなくなるっていうところ。

もし自然失脚とかが多いのであれば、自然失脚をカバーしていくための集客のパイプもある程度持っとかないといけないなっていうところです。

もう1つが、

今後集客サイト自体がどんどん広告費を上げてくるのに対して、ついて行くべきなのかどうか。。

この二つです。

 

特に後半の広告費が増加しているのに合わせて美容室のサロンの売上とか粗利っていうのどんどん減っていってしまう、ところがすごくポイントです・・・(怖

集客サイト依存でこのままいくとどうなるの?

具体的にどういうことかって言うと例えば、

集客の9割がホットペッパーを活用してて賄ってる、まかり通ってるんであれば、

それだったら脱却って結構難しいじゃないですか・・・

なので今の集客数+自社の広告ってのにきちんと力を入れて取り組んでいくことによって

今まで以上に新規集客しながら、もし何かあった時の対策をとって行けるわけですよね!

自社の集客ってのを強化することによってリスク回避につながったりだとか、今までの集客プラスアルファで賄って行けるので、

もし今後何かあった時にすごく大事になってくれる要素のひとつになると思います。

例えばそれはどういうことかって言うと

広告費が2倍3倍になっていた時に、そのままかけていけるのかどうかっていうところです・・・

どちらにしても危険なので、その辺の対策をしておかないと・・・

すぐ「その時」ってくると思います(汗

そもそも集客サイト脱却なんてできるんかい?

そんなこと言ってると

「いやそもそも集客サイト脱却なんかできんのかなー?」っていうところ、

ここなんですよね。

机上の空論だと面白くないので、僕のクライアントさんで、人口40万人ぐらいの規模のところでサロンを経営してる方がいて、(うちの10倍ですやん・・・汗)

ホットペッパーももちろんあるんですけど、そこではホットペッパーを全く使わずに

新規300%っての達成しています。

もちろん状況によって少し変動はあると思うんですけど、

そういうやり方もあるんですよね^^

なのでホットペッパー使わずに新規できてくれる方に向けて知名度をどんどん増やしていくっていう方法もあるので、

それを学んで、HOT PEPPER を脱却するんだったら集客の柱ってのをきちんといくつか整備しておく必要があるわけですねー。

じゃぁどういう集客の柱を持ってたらいいの?

これは僕の自論として、

デジタル集客がもともとおすすめなんですけど、

アナログもありだよ!ってところですね^^

理由としてはやっぱり集客方法のパイってのが多い方がいいですよね。

コスパのいい手段が多ければ多いほどいいんです。

アナログでも集客が実際にできてるので、例えばデジタルに依存しなくても

デジタルとアナログどっちもちゃんと使いながら、集客を回していくってのがすごく大切なことになります。

どちらも使い分けていかないといけない理由っていうのは、

例えばホットペッパーを脱却したいっていう方も結構いらっしゃると思うんですが

「よし!!ポスティングで成果出たからコレ1本で行くわ!!」となると、

しんどくなっちゃうんですよね・・・。

自分の活動時間っていうのがどんどん減っていってしまうと、

翌月とか翌々月の新規集客のための種まきってのが全然できなくなっちゃうじゃないですか(汗

ポスティングですごくお客さん集まってきたその1か月間すごく忙しかったです、これオッケーだと思うんですけど

じゃぁその次の月は前月に何もできてなかったから来ませんでした・・・ってしんどいと思うんですよね・・・

やっぱりそういう時には、その自分の労力をかけずにお客様を集客するための仕組みっていうのが必要だと思いますし

勝手にお客様が呼び込まれる、それも「自分のファンになってくれやすいお客様」っていうのに対してターゲットを絞って、そのお客様が広告を見て自動で自分のところに予約が入るっていう風に作っていた方が、

圧倒的に楽ですよね!

そんなことを言うと結構起こるあるある

結構あるあるなんですけど・・・

僕もそうだったんですけど・・・

「めんどくせえじゃん」ってなるんですよね。。

めんどくさいからホットペッパー一本で・・・ってなるんですけど

さっきも言ったように、タバコの増税とかと同じですよね。

ホットペッパーの広告費用が例えば1.1倍から始まって1.2倍3倍4倍2倍3倍4倍となっていた時に・・・

そのまま使い続けるのかってことです。

例えば5年10年の間にどんどん広告費が上がって行って悩まされるのが目に見えてるんだったら、早め早めに対策しておくほうが絶対に良いですよね。

導入するのも・・自社で広告管理できる仕組みってのが大切になってきます。

なので、デジタルがお勧めだけどアナログも一つの手法としてありだよ!っていうところが僕の主張になります。

どうやってネット広告を使っていくのか?

自分のデザインしたチラシでより高い集客効果を発揮させるのか?

一番安い広告費を使って、効果を高めて、アナログであったりとかネット広告だったり、ポスティングの効果を上げていく方法というのは

僕が運営してる無料で参加できるオンラインサロンの

WEB ALIVEで紹介していますので興味があれば参加して情報を受け取ってください^^

WEB ALIVE参加後にプレゼントしている教科書の中に、ネット広告の部門とデジタル広告、アナログの部門、別で作ってますので興味があればそちらもしっかり確認して頂いて、広告てこうやって作るんだ~ってのを学んで頂いたらと思います^^

 

【WEB ALIVE】ファンが集まる経営と自動集客・仕組化のためのオンラインサロン

※icloud、outlook、hotmailでは参加できないので、Gメール等、別のアドレスをお使い下さい。
※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※限定プレゼントは4万円相当,100万円以上の経費削減や自動集客の仕組のメソッドです
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
※オンラインサロンWEB ALIVEは、いつでも配信メール内のURLから解除出来ます。

width=
質問やお問い合わせ、依頼などは公式ラインへメッセージをお願いします。